CONCEPT

教育理念

MENU 教育理念
  1. TOP
  2. 教育理念
この国際社会で交流のできる人材を育成する 理事長 中福 甫易

CONCEPT 教育理念

ここ早稲田は、文教の地として、日本人のみならず大きな夢を胸に来日 する留学生たちにとっても、学業に励むに相応しい憧れの地です。この地で日本語と日本の文化を学び、世界に羽ばたくことを志す 若者たちにとっての「世界と日本の懸け橋」となることを目的に、早稲田京福語学院は、2009 年に早稲田・夏目坂の地に創始しました。 「立志在日本、放眼于世界、追求真善美、造福于人類」 これは、全ての留学生に伝えたい私からのメッセージです。
「学ぶこころは日本にあって、日本から世界に眼を向けましょう。
(インターネットの普及やデジタル化が進み利便性が追求される今日だからこそ)真善美を追い求め、文化を大切にしつつ、世界の人びとに貢献できる豊かな人間となりましょう。」という意味です。
留学は、自ら新しい環境に飛び込み、チャレンジする勇気がなければ実現できません。
古いものを捨てずに、新しいものは手に入りません。
新しいものを手に入れるためには、何か(環境)を捨てる覚悟が必要です。覚悟と向上心を持ち日本で学びたいという勇気のある学生を、私たちは全力で応援します。

STAFF 先生紹介

当校には校長をはじめ、先生方はみな経験豊富です。 先生方一人ひとりが言葉だけではなく、日本にきて様々なことを学んで欲しいという願いを持っています。 当校で皆様の夢を叶えてみませんか? 優秀な教師陣が皆様をお待ちしております。

野武 重忠

校長

野武 重忠 SHIGETADA NOTAKE

ご挨拶
日本語学校とは、日本語が母国語ではない人たちに日本語を教える学校ですが、ここ早稲田京福語学院では、日本の文化、社会の仕組み、日本人の考え方などを同時に学び、国際人として世界に通用する人材を育てております。
教職員一同、皆さんの良きパートナーとなれるよう日々努力を重ねております。
ご挨拶
日本語学校とは、日本語が母国語ではない人たちに日本語を教える学校ですが、ここ早稲田京福語学院では、日本の文化、社会の仕組み、日本人の考え方などを同時に学び、国際人として世界に通用する人材を育てております。
教職員一同、皆さんの良きパートナーとなれるよう日々努力を重ねております。
相良 香織

教務主任

相良 香織 KAORI SAGARA

好きな日本語
うつはには従いながら
巖がねもとほすは水の力なりけり
面白い、変だと思う日本語
外来語、若者言葉
いろんな国の言葉が、日本語に変化しているところが面白いと思います。
伊藤 更紗

伊藤 更紗 SARASA ITO

好きな日本語
ゆっくりマイペースに
面白い、変だと思う日本語
卍(まんじ)
若者言葉として流行ったこともありますが、最後までどうやって使うかわからなかった、独特な言葉だと思います。
辻 大地

辻 大地 DAICHI TSUJI

好きな日本語
牛乳は飲むより配達するほうが体にいい
面白い、変だと思う日本語
「するめ/あたりめ」などの忌み言葉。
意味は変わらないのに、わざわざ言葉を変換するところに日本人らしさを感じます。
山下 知緒

山下 知緒 TOMOO YAMASHITA

好きな日本語
ゆとり
面白い、変だと思う日本語
踏んだり蹴ったり
なぜ「踏まれたり蹴られたり」ではないのか。昔から変な日本語だと気になっている言葉の一つです。
葉 暁峰

葉 暁峰 YE XIAOFENG

好きな日本語
一期一会
面白い、変だと思う日本語
かわいい
特に若者は褒め言葉として「かわいい」を多用しているところを見ると、日本人独特だと感じます。

VOICE 卒業生の声

王洪強

王洪強

明治大學大學院

MESSAGE
大学の専門は法律でした。卒業後、「会社法」を勉強するために日本に来ました。日本に来たばかりのとき、ひらがなすらできなかった私はここでゼロから日本語を勉強して、一年で二級に合格し、一年半で一級に合格しました。
二年後、明治大学の法学研究科に進学しました。早稲田京福語学院に入ったことは私にとって幸運でした。ここの先生はみんなまじめで責任感がある方です。スタッフも我々学生を色々と助けてくれました。明治大学を卒業して、今は中国のトップクラスの金杜法律事務所で日本語の弁護士として働いております。当時、早稲田京福語学院を選んでよかったと思っています。この機会を借りて、いろいろと教えてくれた方々に感謝いたします。
王博

王博

京都大学经济学研究科

MESSAGE
大学は西安交通大学でした。日本に来る前に日本語は少し勉強していましたが、早稲田京福語学院の先生の行き届いたサポートで日本の生活に慣れることができました。一年あまりの勉強を経て日本語能力試験や大学院入学試験に合格することができました。
私にとって進学できたことと同じくらい重要なのはここの先生とクラスメイトとの絆を深めたことであり、それは忘れられない一生の思い出です。この一年余りの時間は短いですが、ここでの苦楽は一生に渡って残る価値となりました。
常官春

常官春

東京大学

MESSAGE
私は中国の延辺大学を卒業してまもなく日本に留学しました。京福語学院では先生たちのサポートとクラスメイトに支えられ、充実した一年半を過ごすことができました。
京福語学院では日本語を勉強するだけではなく、大学院進学の準備がしっかりできました。
先生の日本語指導と並行して、大学院試験に関する知識も同時に学ぶことで、一年半の十分な準備期間が憧れの大学院入学に繋がりました。
東京大学では生物学に関する知識(基礎生理学、有機農業、飼料作物、植物工場)だけではなく、経営学の知識も学びました。私は二つの専門(生産環境と農業資源経済学)を持ち、そして今の仕事の礎になり、知識を豊かにすることができました。
日本に来た留学生はみんな優秀です。これから来るみなさんには早稲田京福語学院でのかけがえのない学びの時間を大切に、良い成績を収めることに励み続け、そして夢が叶うことを祈っています。
ページトップへ